ひとりごと」カテゴリーアーカイブ

こだわりが強いお客様が多い=?

カイハタ建設のお施主様・お客様には、

すごく調べている方

こだわりが強い方

が多いんです。

特に近年は「せやま大学のせやまさん」を見て、そこからカイハタ建設に来る方が、

「構造や建物の仕様」をよく調る → カイハタ建設を選ぶ

という傾向で来られているんです。

・・・そこでふと思ったんです。

新築を考えているけど、そこまで「こだわらず」住めればいい、と思っている方も

先人の教えではないけれど、過去に建てている施主様が「調べて間違いない」とお墨付きの

建設会社・工務店で選ぶのが正解なのではないかなぁ、と。

金額的なもので無理な場合は仕方ないとは思うのですが

(とはいっても大手さんに比べれば全然・・・)、

 

普通の人なら、一生に一回の大きな「お買い物」に「きちんと調べない」で決めてしまうのは

勇気がいるものです。

もし、新築を考えていて、ふと、この「ひとりごと」の記事を目にした方がいたら、

それも一つのきっかけ?なのか、

「見学会に来てみるのもいいのでは」と、施主の一人としてもご提案します。

とは言っても、カイハタ建設はがんがん営業かけるタイプの会社ではなく、

「おとなしい会社」ですので、気に入ったら逆にがんがんアピールしてくださいね(笑)。

 

快適な住環境で住まれる方が増えますように。

 

感謝!感謝!

エアブレスで快適生活!     家所

成田市での構造見学会です IN 成田市西三里塚

~・~構造見学会 開催~・~

 

      

 

たくさんのご来場ありがとうございました。

全館空調(六面輻射循環式)

 

袖ケ浦S様邸外装工事がいよいよ終了です。

前回が昨年末でしたので、約2か月半が過ぎましたが、ようやく足場が取れました。

建物が高台にあるので道路から見ると3階建てかと思う程高く、

今日の様に風の強い日足場の上は結構怖いものです。

内装の仕様決めも少しづつ決まり、この後が楽しみです!

 

 

 


ちなみにこちらの写真は先日、1年点検でお伺いした市原市のM様邸です。

ご家族も一人増え微笑ましいひと時でした!

こちらのエアブレスの住環境も問題なく暖か~く快適との事!

フィルターなどメンテナンスも、ちゃんとされているので一安心でした。

ちなみにこちらのM様は3年前の夏弊社HPにお問い合わせのあった方で、

最近反響の多い「せやま」さん経由のお施主様です。

結果的にプラスαで全館空調(六面輻射循環式)が入ったエアブレスの建物で、

一年を通し夏冬共にご満悦の住環境を体感して頂きました。

 

S様邸におきましてもお引渡しまで今しばらくお待ちいただき、

先ずはエアコンいらずの(エアブレスのメイン機能のみ)夏の涼しい住環境を、

体感して頂き、ザックバランにご感想を頂ければ幸いです。


お陰様で何よりです。

有難うございます。


******************************************************************************

弊社のエアブレス工法の家を「Reset&Relax」と解釈するロゴにしたのは?
何故か???

これは昔の建物の様に腐らない、建物全体の通気性を取り戻す意味のリセット。
昔に戻しリセットして腐食しない健全な「呼吸する家」にしましょう!という意味。

もう、カビやダニの温床になる原因である「腐る建物」・・・やめましょう。
もう、アトピーやアレルギーの原因になる「腐る建物」・・・やめましょう。

私にとって呼吸する住まいを設計することが、
「人にも建物にも優しい本当の健康住宅」の普及に繋がる事と考えます。

貝畑
****************************************************************************

 

 

千葉市内での構造見学会です IN 千葉市中央区おゆみ野中央

~・~構造見学会 開催~・~

 

      ※写真は施工途中での写真です。詳細は現地でのお楽しみです!

 

冬の寒さでも快適なエアブレス環境を実感して下さい。

たくさんのご来場ありがとうございました。

 

見学会会場を一足先に・・・注目ポイント紹介

現在千葉市緑区おゆみ野で新築物件の現場が稼働中です。

こちらは今月末構造見学会を予定しています。

日程についてはまた後日、公表させて頂きますが、その現場の注目ポイント

一足先にご紹介します!

こちらは2階のリビングから小屋裏を見上げる形に撮った写真です。

 

上の写真、大きな梁が見えていますが、天井が勾配仕上げなので3本の梁丸見えになり、

大開放の空間になります!

ここは完成見学会でも見られるのですが、構造見学会のほうが迫力があります

ここが注目ポイント①です!

 

 

次の注目ポイント②の写真はこちら。

柱と柱の間に×の字状に材木が入っているのがわかります。

知っている方は知っていると思いますが、こちらは「筋交い」といい、建物の強度に重要な構造の一つです。

こちらの現場は「筋交い」が多く入っているのですが、その秘密は会場でのお楽しみにとっておきますのでお気軽に聞いて下さい!

 

 

注目ポイント③断熱材です。

こちらは来週施工予定なので写真はまだありませんが、断熱材にもいろんな種類があります。

そもそも、屋外の気温に影響されずに家の中で快適に生活できるように断熱材を入れるの

ですが、カイハタ建設ではその断熱材の施工の仕方が独特です。

過去の「ひとりごと」で触れてはいますが、初めての方にはこちらが注目ポイント③になります。

 

 

構造のお話しも一通りした後、見学会では「エアブレスの家」の秘密についてご来場者様に

ご案内しています。

こちらは衝撃的とても重要なお話なので、是非会場でしっかり聞いてお家に持って帰って

下さい!

家造りをご計画されている方にはためになるお話になると思います。

 

その他、キャンペーンもご案内していますが、強引な営業とかやってませんので

お気軽にご覧になって下さい

あっ、ちなみにこちらの見学会は「予約制」となっております。

近日、予約フォームを載せたコーナーをアップしますのでお楽しみに待っていてください。

 

感謝!感謝!

エアブレスで快適生活!     家所

花粉シーズン本格化

今年も早くも3月・・・そう、花粉シーズンが本格化してくる時期になりました。

今年は年明けにすごく暖かい日があって、ちょっと「早くも花粉?!」なんて日もありました。

2月も暖かい日や風の強い日があって、花粉症を持っている人には嫌なシーズンです。

 

私もかつては重度の花粉症で、寝てても自分のくしゃみに起こされ、

目鼻がかゆすぎて鼻水・涙が止まらず、眠れない日も珍しくない程でした。

一日で箱ティッシュがなくなってしまう日もあり、鬱っぽくなり、

もうどうしようもない毎日を送るのが通例でした。

 

今住んでいる「エアブレスの家」は気密・断熱に優れているだけではなく、

外から取り入れる空気も花粉をほとんど除去してくれるので、

家にいると快適で、本当に命を救われた、まで言うと言い過ぎに聞こえるかもしれませんが、

私にとって、それくらいの価値のある事です。

 

外出時って、マスクしてゴーグルメガネをしてある程度は防御できますが、

生活していくうえで室内でマスクし続けるのも困難ですし、

家の中くらいくつろぎたい、というのが本音だと思うんです。

私自身、「エアブレスの家」に住み始めてもうすぐ5年になりますが、本当に救われています

 

同じつらい思いをしている人を救いたい、とまで言うとおこがましいですが、

空気がきれいな家に住みたい、と思う方のお手伝いが出来たら、という思いでも

仕事をさせて頂いております。

 

 

感謝!感謝!

エアブレスで快適生活!     家所

「やっぱりエアブレス」だって!

外、寒~

只今外気温3℃

やっぱりエアブレスだね!

先月、先々週(2現場同時)で見学会が終了し一段落。

昨日、H様邸長期優良申請も終わり、なんとか明日からゆっくり休めそうです。

ただ、お問い合わせは容赦なく届きます。

嬉しい悲鳴と言いたいところですが・・・

特に休日は彼方此方のサイトから・・・

なるべく「丁寧に」を心掛けますが、これが難しい!

丁寧にだけに時間が足りない!

 

視聴者の皆さん知っている方もいるかもしれないが、問い合わせのメールの仕組みとして、

スーモタウンライフなどポータルサイトや弊社お問い合わせを経由してくる訳だが、

「営業活動をしない弊社」にとってはポータルサイトなどは向いていないのかもしれない?

って最近分かってきました。

さて、愚痴はこの辺にして、

午後からお問い合わせの返信の為の資料(土地探し&平面図&概算見積もり)作りです。

 

 

 


さて話変わって、

ちょうど3年前に弊社HPからお問い合わせがあり、昨年末に築一年となった緑区T様邸のご紹介!

ご予算高性能住宅の両立希望から弊社に辿り着いた千葉市中央区(当時)T様邸。

土地も値上がりする前だし坪単価も低かった当時という事もあるが、それにしても、

土地込みで3000万を下回るとってもラッキー(弊社キャンペーン特典含む)な事例。

勿論、土地探しからお手伝いが始り中央区~緑区まで隈なく探し、はっきり記憶に残っている方。

良さそうな土地が見つかると確認役所調査プラン作成概算見積もり・・・

今度はこの土地、こっちの方が良さそうだなんて感じで・・・

めでたく2022年12月完成

見返したらメールの記録だけでも最初の問い合わせからスーモ取材の件までで173通でした!

最初の出会いから3年と長かったですが、これからの付き合いの方がもっと永くなる訳です

たまたまこの前、ご家族にシャトレーゼで会った時の顔が物語っているようで・・・

特にこんな寒空の日は「やっぱりエアブレス」だって!

エアブレスオーナーは優越感に浸るのでしょう?


お陰様で何よりです。

有難うございます。


******************************************************************************

弊社のエアブレス工法の家を「Reset&Relax」と解釈するロゴにしたのは?
何故か???

これは昔の建物の様に腐らない、建物全体の通気性を取り戻す意味のリセット。
昔に戻しリセットして腐食しない健全な「呼吸する家」にしましょう!という意味。

もう、カビやダニの温床になる原因である「腐る建物」・・・やめましょう。
もう、アトピーやアレルギーの原因になる「腐る建物」・・・やめましょう。

私にとって呼吸する住まいを設計することが、
「人にも建物にも優しい本当の健康住宅」の普及に繋がる事と考えます。

貝畑
******************************************************************************

今年初めてのスーモの取材

本日、スーモさんの新築住宅向けの雑誌(有料)の取材がありました。

昨年にもあり、今回は通算4回目となります。

 

昨年10月末にお引き渡しした施主様のもとへ久々に訪れたのですが、

外構もきれいに終わって、可愛らしく仕上がっていました。

趣味の釣り部屋も充実していて、内部インテリアもオシャレに飾ってあり、素敵でした。

スーモさん取材撮影中の風景

 

毎回思うのですが、

こういった取材で自分が携わったお引き渡し後のお施主様の家を訪ねたときに、

お家が綺麗に飾ってあって、生活感があふれているのを見ると、グッとくるものがあります。

お施主様も満足されていて何よりでした。今日もいい一日!

 

感謝!感謝!

エアブレスで快適生活!     家所

「旧耐震基準」とか「新耐震基準」とか論外


早いものでもう今年も1/12が終了

能登半島地震から一か月経ちますが報道によると現地は一向に変わりなく、

復旧のめど立たず、季節柄この寒さもあってとても深刻な状況。

更に災害に便乗した悪質商法も出回っているだとか?
 ○災害に便乗した悪質な修理業者に注意(国民生活センター:見守り新鮮情報)

信じられない事が起きていますが!

最近では当日の地震の揺れ方がリアルに分る動画が報道されています。

電柱が振り回され、道路が波打ち、家屋がバタバタ倒壊していく正に地獄絵図

 

住宅屋としての感想・・・

倒壊した、或いは犠牲になった方の家屋に共通しているのは、ほぼいわゆる旧耐震の家屋。

ちなみに、「旧耐震基準」とは昭和56年5月までの基準で、震度5強程度で建物が倒壊せず・・・。

それに対し「新耐震基準」震度6強~7程度の大規模地震で倒壊しないレベル。

 

東日本の時に私もここ千葉で体感しましたがそもそも震度5強と震度7の違い!

恐い位に違い過ぎる訳で。

能登地方に限らず未だ全国に「旧耐震基準以下」の建物が多すぎて・・・

同レベルの地震が来たらどうなってしまうのか?

想像するだけでゾッとします!

 

更に倒壊建物のほとんどが重たい和瓦屋根南側の大きな開口部

それじゃ「新耐震基準」なら大丈夫なのか?

いやいや!

そんな事は全く無く、絶対安心とは限らないのです。

 

そもそも、「新耐震基準」もその時代42年前の基準という考え方に過ぎない!

今でこそ耐震2だ、3だと言いますが・・・

耐震2、3の規定が出来たのがいわゆる「2000年基準」であり、遡ると24年前だ。

その後、住宅性能表示を基にハウスメーカーなど各社耐震を意識し技術比べ・・・

ちなみに耐震2とは、極めて稀に(数百年に一度程度)発生する「地震による力の1.25倍

力に対して倒壊、崩壊等しない程度」・・・

耐震3は、耐震2の「地震による力の1.25倍」が1.5倍なるだけ。

「数百年に一度」とか基準を決めるのは簡単なのだが、

東日本大震災から13年ぶりに「数百年に一度程度の地震」来ちゃったわけで?

誰しも今後が心配になってきますね!

 

新築の際は希望次第で長期優良住宅など耐震を考慮した建物が可能だが?

既存の住宅ちょっとした修繕ではそうはいかない。

同規模の地震であれば間違いなく修繕だけの建物は危ない!

能登の街並みの様な、いわゆる倒壊の危険にさらされている建物は全国に及ぶ訳で。

個人的に思うには、耐震だけ考えた場合特に補助金)、

新築住宅の耐震をパワーアップする予算の大半を全国の倒壊危険住宅に先ずあてるべき!

そのくらい「今現在の住宅」の耐震を考えた構造24年前の「2000年基準」でさえ違います。

 

基礎を含めた構造からすると「旧耐震基準」とか「新耐震基準」とか論外です!

国の方向性は如何に!

明日は我が身となります。


お陰様で何よりです。

有難うございます。


******************************************************************************

弊社のエアブレス工法の家を「Reset&Relax」と解釈するロゴにしたのは?
何故か???

これは昔の建物の様に腐らない、建物全体の通気性を取り戻す意味のリセット。
昔に戻しリセットして腐食しない健全な「呼吸する家」にしましょう!という意味。

もう、カビやダニの温床になる原因である「腐る建物」・・・やめましょう。
もう、アトピーやアレルギーの原因になる「腐る建物」・・・やめましょう。

私にとって呼吸する住まいを設計することが、
「人にも建物にも優しい本当の健康住宅」の普及に繋がる事と考えます。

貝畑
******************************************************************************

何年かに一度しかありません! <同日開催>構造・完成見学会 IN 袖ケ浦市

~ 構造・完成同日見学会 開催 ~

 

      

2現場同日開催となります。

「エアブレスの家」の仕組みの見学・体感ができる滅多にないチャンスですので、

このチャンスをお見逃しなく。

 

冬の寒さでも快適なエアブレス環境を実感して下さい。

たくさんのご来場ありがとうございました。

TEL:043-300-7488

■希望の方は必ず希望日前日までにTELもしくは上の「お申し込みはこちら」のリンクのいずれかで『予約』 をお願いします。
■お申し込みの際はお名前、電話番号(必ず連絡取れる)、希望日時をお伝え下さい。
■当日中に折り返しの連絡(確定日時及び内覧会住所などのお知らせ)を致します。
■当日予約(TELのみ)も可能です。 (予約優先となります)
■内覧会当日は、同時に2組までの対応となり希望者が多い時間帯はお待ち頂く場合があります。